トマト群落内光透過率可視化に向けた無線センサネットワーク (情報ネットワーク) Light Penetration Rate Visualization in Tomato Foliage using Wireless Sensor Networks

この論文をさがす

著者

抄録

群落内光透過率のモニタリングは生育指標の一つである葉面積指数との間に強い相関があることから,収量増加に向けて重要である.これに向けて,無線センサネットワークを用いることで多地点・連続的な測定が可能となるものの,光透過率の測定に必要な散乱光条件を天候に関わらず判断することは容易ではない.本稿では群落上センサにおける光強度に基づき測定可能時間を判別する手法を示し,トマト圃場における実証実験を通じて,高い精度で光透過率の測定,葉面積指数の推定が実現可能であることを示す.

Abstract Since it has high correlation with Leaf Area Index, one of a degree of growth, monitoring light penetra- tion rate has a great significance. Though scattered light condition is necessary for measuring light penetraion rate, it is hard to fix measuring time. We develop measuring timing decision method using time-series sensor data of canopy. Through implemetation into tomato foliage, we validate high light penetration rate measurement accuracy and high Leaf Area Index estimation accuracy.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(464), 365-370, 2013-03-07

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009712733
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024426885
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ