フロアプランを考慮したマルチクロックドメイン指向の低電力化高位合成手法 (コンピュータシステム 組込み技術とネットワークに関するワークショップETNET2013)

この論文をさがす

著者

    • 阿部 晋矢
    • 現在,早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工学専攻 Presently with Dept. of Computer Science and Engineering, Waseda University
    • 史 又華
    • 現在,早稲田大学高等研究所 Presently with Waseda Institute for Advanced Study, Waseda University
    • 柳澤 政生 [他]
    • 現在,早稲田大学大学院基幹理工学研究科電子光システム学専攻 Presently with Dept. of Electronic and Photonic Systems, Waseda University
    • 戸川 望
    • 現在,早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工学専攻 Presently with Dept. of Computer Science and Engineering, Waseda University

抄録

本稿では,マルチクロックドメイン適用へ向け,HDRアーキテクチャを拡張したHDR-mcdを提案する.続いてHDR-mcdを対象にマルチクロックドメイン指向の低電力化高位合成を提案する.提案手法はフロアプラン情報をフィードバックし,反復改良する合成フローを取る.その際,1クロック内の通信が保障されるパドルと呼ぶ区画を利用し,配線遅延の影響を予測,異なるクロック間の同期を考慮した高位合成を実現する.クロックはパドル毎に割り当て,資源制約と時間制約を満たす範囲で低い周波数のクロックを割り当てることで低電力化する.計算機実験により提案手法は従来の単一クロックのみを考慮したレジスタ分散型アーキテクチャと比較し25%程度消費エネルギーを削減できることを確認した.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(481), 115-120, 2013-03-13

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009712975
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11645397
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024407652
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ