ベイジアンネットワークを用いた店舗内における消費者の行動認識に関する研究 (画像工学) Research on Recognizing Customers' Behaviors in Shops Based on Bayesian Network

この論文をさがす

著者

    • 鄭 曜 ZHENG Yao
    • 早稲田大学院国際情報通信研究科 Graduate School of Global Information and Telecommunication Studies
    • 大谷 淳 OHYA Jun
    • 早稲田大学院国際情報通信研究科 Graduate School of Global Information and Telecommunication Studies

抄録

スーパーやコンビニなどの店舗にとって、マーケティング調査は重要な課題であり、特にPOSシステムに記録が残らない顧客の購買時の迷いの有無は重要性が高い。本稿では、顧客が「迷わず購入した」、「迷って購入した」、「迷わず購入しなかった」、「迷って購入しなかった」の4つの行動を認識する方法を検討した。このような顧客の行動は個人や場合により大きく変動するため、ペイジアンネットワークによる認識が有効と考えられる。店舗内のビデオ映像から得られると考えられる画像特徴を手動で抽出し、ペイジアンネットワークを用いる方法の有効性の検討を行い、有効性の見通しを得た。

For supermarkets and stores, marketing surveillance is a very important issue: in particular, customers' hesitations on purchase, which cannot be recorded by POS systems, are extremely important. This paper studies how to classify the following four categories: "purchased without hesitation", "purchased with hesitation", "not purchased without hesitation", and "not purchased with hesitation". Since these behaviors tend to vary depending on persons and situations, Bayesian network is considered to be a useful method for the classification. By manually extracting image features from video sequences that observe a shop's comer, Bayesian network based classification was explored. Consequently, promising experimental results were obtained.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(473), 51-56, 2013-03-11

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009713060
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013006
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024421871
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ