手はどのように知覚されるのか? : 臀部における触判断の検討 (ヒューマン情報処理) How is a hand perceived? : The judgment by tactile information on the buttocks

この論文をさがす

著者

抄録

痴漢被害の報告は,視覚的情報や聴覚的情報によるものは少なく,触覚による事例が大半である。このような公共交通機関における痴漢事件や冤罪に関わる問題を原点とし,痴漢被害最多発部位である臀部に提示された手や鞄がどのように知覚されるのか,また手や鞄の動きの有無によって違いが生じるのか,さらには触判断に対する確信度について検討を行った。その結果,臀部における触判断が正答する確率は,もっとも高い条件下でも40%であり,臀部に触れた手や鞄を触覚情報のみによって正しく判断することは困難であることが明らかとなった。また,誤った回答であるにもかかわらず,チャンスレベルを有意に超えて選択される刺激条件もみられた。さらに,正答率と確信度ともに動きの有無による違いは認められなかった。これらの結果から,臀部においては提示刺激以外で触られたという判断が頻繁に生じることが示唆された。

Most statements of female victims who are molested by CHIKAN, which means a male who gropes female or the action of molestation in Japanese, contains very little visual or audio information but tactile information. The present study examined how we estimated the tactile information that was applied on the buttocks. We also examined the extent of its estimation certainty. Moreover, the estimation and the certainty were investigated in the conditions whether the tactile information had movement or not. Results indicated that percentage of the correct tactile judgment on the buttocks was 40% in the best performance, therefore it seemed to be difficult to recognize what was applied on the buttocks only by tactile information. Moreover, we have recognized in many cases that the estimation certainties were significantly higher than chance level despite the incorrect answers. These results were shown in both the movement and the non-movement conditions. It has been suggested that the incorrect tactile judgment on the buttocks occur frequently.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(483), 27-31, 2013-03-13

    一般社団法人電子情報通信学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009713376
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024409017
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ