雑音温度計のための集積型量子雑音電圧源の提案 (超電導エレクトロニクス) Integrated Quantum Voltage Noise Source for Johnson Noise Thermometry

この論文をさがす

著者

抄録

ションソン雑音温度計(JNT)の校正に用いる量子雑音電圧源(QVNS)の新方式を提案する.従来のQVNSでは,高周波機器間のクロストークが,出力波形精度を劣化させ,JNT測定精度を制限する要因になっている.また,擬似乱数コード生成・検証に要する膨大な計算量や高額高周波機器によるシステムコスト増加などの問題がある.QVNSを超伝導集積回路技術により1チッブで実現する集積型QVNS(IQVNS)を提案し,設計概念,動作原理を述べる.単一磁束量子回路(RSFQ)に基づいて設計したIQVNSの出力電圧のパワースペクトル密度を計算した結果,水の三重点のJNT側定に応用可能な擬似白色雑音を生成できることがわかった.IQVNSを用いたJNTシステムは,ボルツマン定数再定義後の温度定義定点再評価などへの応用が期待される.

A new implementation of quantum voltage noise source (QVNS), integrated QVNS (IQVNS), for Johnson noise thermometry (JNT) is proposed The concept is integration of all the QVNS subsystems on a superconducting integrated circuit chip, eliminating degradation of output voltage accuracy caused by crosstalk On-chip, real-time pseudo-noise generation with IQVNS omits expensive microwave electronics and costly code calculations We have designed an IQVNS chip consisting of rapid single flux quantum circuitry Simulation shows that pseudo-white noise voltages generated by IQVNS are suitable for JNT measurements A promising application of the JNT with IQVNS is re-evaluation of the temperature fixed points after the redefinition of Boltzmann's constant

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(408), 13-18, 2013-01-24

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009727939
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10012885
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024262620
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ