モーションブラーを活用したバドミントンシャトルの追跡手法 (マルチメディア・仮想環境基礎)  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本発表では,高速移動物体の見え方の特徴を利用することにより,その3次元位置の推定精度を向上させる手法を提案する.高速に移動する物体をビデオカメラで撮影すると,その像はモーションブラーを伴って観測される.モーションブラーは,物体の位置推定処理においては観測誤差として扱われることが多いが,その一方,物体の移動速度の情報を有している.我々は,この特徴に注目し,映像情報から移動物体の位置と速度の両方を観測し,カルマンフィルタを用いて追跡する手法を提案する.応用例として, 2視点で撮影したバドミントン映像を用いて3次元空間中におけるシャトルの軌跡推定を紹介する.

Journal

  • Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 112(386), 139-144, 2013-01-23

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009728722
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10476092
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    024264102
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top