競争/協調と感情状態が表情人物の判断に与える影響 (ヒューマンコミュニケーション基礎) The influence of competition/cooperation and affective state on the impression of a smile

この論文をさがす

著者

    • 藤原 健 FUJIWARA Ken
    • 大阪大学大学院人間科学研究科:日本学術振興会 Graduate School of Human Science, Osaka University:Japan Society for the Promotion of Science
    • 大坊 郁夫 DAIBO Ikuo
    • 東京未来大学モチベーション行動科学部 School of Motivation and Behavioral Sciences, Tokyo Future University

抄録

本研究では、競争/協調という文脈と、ポシティブ/ネガティブという感情が、笑顔あるいは悲しみ表情の刺激人物に対する会話動機評価にどのような影響を与えるのかについて検討を行った。具体的には、68名の男女大学生を対象に、競争/協調のプライミングおよび感情誘導を兼ねて音楽刺激の提示とエピソード記述を行ったうえで、刺激人物(笑顔 or 悲しみ表情)とどの程度会話したいかについて回答を求めた。その結果、笑顔の人物に対する会話動機で2要因の交互作用が有意となり、競争条件のポシティブ感情群は協調条件のポジティブ感情群よりも会話動機を低く評価していた。また、競争条件のネカティブ感情群は笑顔の人物に対する会話動機を高く評価していた。悲しみ表情の人物に対する会話動機については、競争/協調あるいは感情の効果は有意とならなかった。これらの結果について、適応的気分効果仮説から考察された。

We examined how competition/cooperation and positive/negative affect influence the impression of a smile. We investigated whether primed individuals like to interact with a stimulus person, using smiling. For priming and affect induction, 68 participants heard an affective music stimulus and described one of their own competitive/cooperative and positive/negative episodes. They then rated their willingness to interact with the stimulus person. A significant interaction was found-compared to participants primed for cooperation, those primed for competition exhibited reluctance toward interaction if a positive affect was induced. However, participants who primed for competition were willing to interact if a negative affect was induced. Neither competition/cooperation nor positive/negative affect influenced the willingness to interact with a stimulus person expressing sadness. These results were discussed from the perspective of the malleable mood effects hypothesis.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(412), 59-64, 2013-01-24

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009728771
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024261883
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ