空撮画像との対応点情報を用いたモバイルカメラの位置・姿勢推定手法 (パターン認識・メディア理解)  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では、航空機などから撮影された空撮画像と、スマートフォン等のモバイル端末で撮影した画像間の対応点情報を用いて、モバイル端末の位置と姿勢を推定する手法を提案する。モバイル端末に内蔵されている加速度センサからの情報とカメラ内部パラメータを用いて、ユーザが撮影した画像から仮想的にシーンを俯瞰する画像を生成する空撮画像と仮想俯瞰画像において画像特徴量を用いた対応点探索処理を行い、両画像間のホモグラフィ行列を算出し、このホモグラフィ行列からモバイルカメラの位置と姿勢を推定する本提案手法を地理情報システム(GIS : Geographic Information System)が有する空撮画像データベースに適用することにより、モバイル端末によって獲得される情報から、その位置・姿勢を推定することが可能となる。

Journal

  • Technical report of IEICE. PRMU

    Technical report of IEICE. PRMU 112(441), 1-6, 2013-02-21

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009728783
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10541106
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    024342189
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top