P-33 野外音楽イベント会場における温熱環境(ポスターセッションII)  [in Japanese] P-33 Thermal Environment at the Sites of Open-air Music Festivals  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2つの野外音楽イベント会場において温熱環境の測定を行い,その実態把握と評価を行った。さらにイベント来場者の熱中症対策ならびに防寒対策の実態調査を行った。7月開催のイベントは熱中症の発症する危険性があり,積極的な休憩や十分な水分補給などの対策が必要な温熱環境であった。 10月開催のイベントは熱中症の発症する危険性は少ないが運動や労働をする際には水分補給が必要な温熱環境であった。気象庁の観測データではイベント会場のWBGTを精度よく推定することは困難であった。来場者へのアンケート調査から携行した熱中症対策および寒さ対策の物品ならびに熱中症予防および防寒対策の実態を把握した。両イベントとも熱中症対策の物品としては「タオル」,「水・お茶・その他飲み物」,「帽子」,「うちわ・扇子」の携行率が高く,熱中症予防として「水を飲む」,「適度な休憩をとる」,「日陰に入る」,「涼しい場所に行く」の実施率が高かった。

The purpose of this study is to assess the thermal environment at the site of open-air music festival with WBGT for safety and to perceive what kinds of things visitors prepare and what kinds of actions visitors do in open-air music festivalfor heat and cold The field surveys were conducted in two different open-air music festivals in July and October 2011 In July there was at higher risk for heat stroke at the site of open-air music festival Therefore it was important to rest and drink water Most of all visitors drunk water to prevent heat stroke In October there was at lower risk for heat stroke at the site of open-air music festival It was difficult to predict WBGT at the sites of open-air music fetivals accurately from weather data.

Journal

  • 人間-生活環境系シンポジウム報告集

    人間-生活環境系シンポジウム報告集 36, 247-250, 2012

    人間-生活環境系会議

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009735367
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10498594
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top