チェコ・ポーランドの産業遺産・ミュージアムとツーリズム Industrial Heritage, Museum and Tourism in Poland and Czech

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 根本 敏行 NEMOTO Toshiyuki
    • 文化政策学部文化政策学科 Department of Regional Cultural Policy and Management, Faculty of Cultural Policy and Management

抄録

本研究は、近年世界的に関心が高まってきている産業遺産の活用による地域活性化やツーリズムとの連携と、戦争や民族紛争、労働問題といったいわば近代化の「負の」歴史遺産をミュージアムに取り入れ、これも地域活性化やツーリズムと連携させようとする取り組みの事例を取り上げ、広義の文化政策の視点から分析しようというものである。今回は旧東欧地域からポーランドとチェコの新しい事例を取り上げた。

This paper picked up some cases of urban redevelopment projects using industrial heritage in modern age in Poland and Czech Republic, and made investigations from a viewpoint of cultural policy. These cases sometimes include negative or political aspects of modern industrialization such as war, ethnic conflict, and labour issues. The important lessons drawn from these case studies are clever or subtle combinations of negative heritages with museums and tourism.

収録刊行物

  • 静岡文化芸術大学研究紀要

    静岡文化芸術大学研究紀要 14, 101-110, 2013

    静岡文化芸術大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009736971
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11576760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13464744
  • NDL 記事登録ID
    025383382
  • NDL 請求記号
    Z71-F770
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ