360度全方位動画コンテンツ作成と再生配信及びアプリケーションの模索  [in Japanese] Generation of a panoramic motionVR and research of the application and streaming of panoramic motionVR viewer on internet  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は、YouTube 等によるスムースな動画配信を身近にした動画コンバート技術と、光や無線LAN による常時接続で加速するインターネット動画配信技術がクロスオーバーするところで可能になるインタラクティブな動画配信の可能性を探るものである。具体的には、近年のAdobe Flash Professional によって可能になった画期的な技術の一つに動画配信技術があるが、これに3D 画像作成技術も加えて全方位動画コンテンツを作成、インターネットにおいて配信再生し、さらなるアプリケーションの可能性を模索するものとして研究を重ね、一定の成果が得られたので、これを報告する。

This paper is research of the possibility of the streaming system of interactive panoramic motionVR by the technical crossover of the movie converting technology like YouTube and optical communication or wifi-LAN. Actually, there is the movie streaming system which recent Adobe Flash Professional made it possible, and adding 360 degree panorama VR movie which is made with openGL 3D engine. Further they go to stream on the Internet, We have developed application which researched these possibilities. And we got some efforts on the research and developing.

Journal

  • Shizuoka University of Art and Culture bulletin

    Shizuoka University of Art and Culture bulletin 14, 151-166, 2013

    静岡文化芸術大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009737003
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11576760
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1346-4744
  • NDL Article ID
    025383534
  • NDL Call No.
    Z71-F770
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top