非言語コミュニケーションの研究(2) : 顔写真と音声のイメージについて  [in Japanese] A Study of Nonverbal Communication (2) : On the Images of Photographed Faces and Speeches  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

顔の表情そのものに関する研究の数は多いが,それらの中で顔写真の認知についての研究は,古典的なものとしてWoodworth R.S.(1938)があげられよう。その後,顔写真の白-黒の像がネガティブであるか,ポジティブであるかによる認知の比較をおこなったもの(Galper R.E. 1970, Phillips' R.J.1972ら),乳児から成人,脳損傷者など種々な被験者に顔写真を提示して,その認知のされ方の相違を比較検討したもの(Yin R.K. 1978ら),さらに顔写真の認知と実物モデルの顔の認知との検討を,目撃者の研究の観点から,試みた研究(Egan D. et a1. 1977)などがある。これらの研究の傾向を概観するとき,刺激材料としての顔写真そのものの吟味,検討が,まだまだ不充分な段階にあるといえよう。ここでは,本誌前々号(堀内 1981)に続いて,表情および感情そのものは,むしろ中性的なものとしてとり扱われている。それは,表情のより客観的な記述をおこなうためである。この探索的研究においては、顔写真のイメージ測定をおこなうと同時に,同一人物および別人物の音声のイメージも測定して,それぞれについて比較検討をおこなう。

Journal

  • Japanese Journal of Audiovisual Education Study

    Japanese Journal of Audiovisual Education Study 13.14(0), 81-96, 1983

    Japan Association for Educational Media Study

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009742682
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00104615
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0386-7714
  • NDL Article ID
    2525508
  • NDL Source Classification
    E26(社会心理学)
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-362
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top