プレストレスト鉄筋コンクリート造梁部材の繰返し載荷実験  [in Japanese] 2186 An Experimental Study on Cyclic Loads of Prestressed Concrete Beams  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

鉄筋コンクリート(RC)部材からプレストレストコンクリート(PC)部材まで、曲げ耐力比を変動因子とした片持ち梁8体の静的漸増振幅繰返し載荷実験を行い、荷重変形関係の履歴ループ形状における曲げ耐力比の影響と、PC鋼材の偏心配置の影響を検討した。除荷から再載荷にかけてのループ形状や片側での繰返し載荷において曲げ耐力比の影響が大きかった。また、曲げ耐力比が0.4以下のプレストレスト鉄筋コンクリート(PRC)部材においては、RC部材と同程度の履歴エネルギー消費が見られた。

Journal

  • Proceedings of Japan Concrete Institute

    Proceedings of Japan Concrete Institute 19(2), 1137-1142, 1997-06-01

    日本コンクリート工学協会

References:  6

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009745027
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10026675
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • ISSN
    13404741
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top