プレストレストコンクリート柱梁接合部のせん断抵抗機構に関する実験的研究  [in Japanese] Experimental Reinforced Concrete Frame Structures  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

十字型と卜型柱梁接合部試験体4体の静的漸増振幅繰り返し載荷実験を行ない,接合部が先行破壊するように設計された鉄筋コンクリートとプレストレストコンクリート柱梁接合部の挙動の相違を検討した。接合部破壊した十字型試験体では,プレストレスの有無にかかわらず層せん断力はほぼ同じであった。接合部せん断力はプレストレスのある柱梁接合部の方がないものを上回った。

Journal

  • コンクリート工学年次論文報告集

    コンクリート工学年次論文報告集 21(3), 685-690, 1999-06-01

    日本コンクリート工学協会

References:  4

Cited by:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009746057
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10026675
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13404741
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top