介護現場の人材育成・定着等に向けた取り組みの実態と関連課題 : 京都府における調査結果から  [in Japanese] Actual Condition and Tasks of Human Resource Management in Elderly Care Services : a Study Based on the Case of Kyoto Prefecture  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿の目的は、介護現場における人材育成・定着に向けた取り組みの実態と課題、ならびに関連する政策・制度上の課題について考察を行うことにある。本稿では調査データとして、平成24 年に京都府で実施された「福祉・介護事業所の経営実態と労働環境調査」の結果の一部を用いて考察を行い、以下の点を指摘している。第一に、多くの介護現場では人材育成・定着に向けた取り組みが意識的に行われており、一定の課題を含みつつも、その有効性が労働者に認識されている点である。第二に、介護現場では取り組みを進めるなかで直面している問題があり、そこに介護報酬の水準や人員配置基準といった政策・制度上の問題が関連している、という点である。今後も介護人材対策が必要視されるなかで、現場における取り組みの継続・発展と合わせて、本稿で指摘する政策・制度上の問題が見直されていく必要がある。高齢者介護人材育成・定着介護報酬人員配置基準

Journal

  • Bulletin of The Social Work Education Center

    Bulletin of The Social Work Education Center (11), 35-55, 2014-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009752159
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11988112
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1349-6646
  • NDL Article ID
    025446327
  • NDL Call No.
    Z71-M507
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top