新発田藩京都留守居寺田家と旧蔵文書 (中井真孝先生古稀記念号)  [in Japanese] On the Terada Family, Shibata's Keeper of Kyoto, and their Documents  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

寺田家は、十八世紀において京都の呉服商であったが、十九世紀初めに、越後国新し発ば田たの大名・溝口家の用よう聞きき、ついで京都留守居を務めるようになって士分に取り立てられ、やがて明治四年の廃藩置県を迎える。その間、六十年間以上にわたる関係史料は、約三千点にのぼる。なかでも、二十六冊に及ぶ御用留は、京都留守居の活動状況を知る上で興味深い。本稿は、この寺田家文書の概要を紹介するとともに、御用留の一端を提示して、その史料価値などについて考察する。京都留守居寺田家新発田藩溝口家

Journal

  • 歴史学部論集

    歴史学部論集 (4), 17-33, 2014-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009752257
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1251450X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2185-4203
  • NDL Article ID
    025352943
  • NDL Call No.
    Z72-D9
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top