インタラクティブな大型公共ディスプレイを安心して個人利用するための周辺状況提示の有効性  [in Japanese] A Study for Presentation Method of Information about Circumference Situation for Personal Use of Interactive Large Public Display  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究では,インタラクティブな大型公共ディスプレイでプライベートな情報を扱う際に利用者が安心して利用可能なシステムの実現を目指している.筆者らは,利用者がディスプレイ利用中に周辺の状況を把握することが利用者の安心につながると考え,周辺状況を利用者に提示する方法について検討した.そして,利用者の背後の状況をカメラで撮影した映像を投影する方法,通行人の距離と向きに応じた周辺状況の危険度を利用者に色で提示する方法,およびそれらを組み合わせた方法について,評価システムを実装し実験を行った.その結果,利用者に状況そのものの映像のみを提示することよりも,危険度に応じた情報を付与した周辺状況を利用者に提示することの方が有効であることが示唆された.In this research, we study information security and privacy as it pertains to large touch screens in public places. The goal of this research is to identify the variables associated with user safety when interfacing on large touch screens in public venues; additionally, we proposed a displaying method of user information for designing public space so that users can communicate interactively with reassurance of confidentiality. As a result of the evaluation experiment to our proposal, it was suggested that it is more effective displaying a user the situation in back circumstance with the color information expressing the degree of danger rather than showing the movie of the situation in user's back circumstance plainly.

Journal

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 55(4), 1264-1274, 2014-04-15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009752439
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top