生命はどのようにして生まれたか? : GADV仮説と他の生命の起源仮説  [in Japanese] How was Life Emerged on the Primitive Earth? : GADV Hypothesis and Other Theories on the Origin of Life  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

生命がどのようにしてこの地球上に生まれたのかという生命の起源についての問題は多くの人が関心を持つ事柄の一つである.これまでも多くの研究者がこの謎の解明に挑戦してきた結果,いくつもの考えが提出されている.しかし,これまでの生命起源仮説には説明の困難な点が多く見られ,今なお,生命の起源は謎に満ちた状況に置かれていると言わざるを得ない.それに対して,私は「現在でも全く新規な遺伝子が形成されているとしたら,どのような場からどのように形成されてきたのか」という問いから研究を始め,偶然のことでもあったが,引き続いて遺伝暗号の起源,タンパク質の起源を経て,最終的に生命の起源に関する [GADV]-タンパク質ワールド仮説(GADV仮説)に辿りついた(ただし,G: グリシン,A: アラニン,D: アスパラギン酸,V: バリン).この総説では,私の提唱するGADV仮説と他の研究者が提案している主な生命の起源仮説を取り上げ比較検討することとする.

At present, universe theory, thermal vent theory, membrane theory, junk world theory and RNA world hypothesis were proposed for solving the origin of life. But, all of the theories and the hypothesis have weak points which could not be overcome as pointed out in this review. Contrary to that, I have presented GADV hypothesis on the origin of life. Not only the "chicken–egg dilemma" between genes and proteins but also formation process of the fundamental life system, which is composed of genes, the genetic code and proteins, can be rationally explained, according to the hypothesis. Strong points of the GADV hypothesis are also discussed in this review.

Journal

  • Bulletin of studies

    Bulletin of studies (20), 1-11, 2012-03-31

    Nara Saho College

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009759024
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11605938
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13485911
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top