プライマリー助産ケア講座(寄附講座)の設置と新しい助産師教育 ; 設置1年の活動報告  [in Japanese] The Establishment and operation of the Primary Midwifery Care Unit : Activity Report for First Year  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 小林 康江 Yasue Kobayashi
    • 山梨大学医学工学総合研究部(母性看護・助産学) Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering(Maternity Nursing & Midwifery), University of Yamanashi
    • 渡邉 竹美 Takemi Watanabe
    • 山梨大学医学工学総合研究部(プライマリー助産ケア) Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering (Primary Midwifery Care), University of Yamanashi
    • 窪田 陽子 [他] Yoko Kubota
    • 山梨大学医学工学総合研究部(プライマリー助産ケア)(元) Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering (Primary Midwifery Care), University of Yamanashi(Former Affiliate)
    • 中込 さと子 Satoko Nakagomi
    • 山梨大学医学工学総合研究部(母性看護・助産学 Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering(Maternity Nursing & Midwifery), University of Yamanashi
    • 丸山 和美 Kazumi Maruyama
    • 山梨大学医学工学総合研究部(母性看護・助産学) Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering(Maternity Nursing & Midwifery), University of Yamanashi

Abstract

看護学生に対する感染予防教育は,基礎教育から臨床実践に繋がる教育の必要性が求められる。しかし,臨床実習の現場では,学生は患者ケア前後の手洗い,個人防護具の着脱の技術は十分にできていない光景が見られた。看護学生に対する感染予防教育において,臨床実習での感染予防の実践力の向上を目指した大学の教育内容の改善を目的として取り組んだ。X大学の学生100名に対して改善した教育内容は,2年生前期の感染予防の講義と3年生前期の臨床現場を想定した手指衛生(実験・ポスター作成),個人防護具の着脱技術,統合的な吐物処理演習であった。学生が,臨床実習前に手指衛生に関する意識の変革や個人防護具の着脱と,吐物処理の正しい技術の演習を通して習得したことは,臨床実習で感染予防に関しての課題を明確にでき,教育改善の取り組みの効果が少しみられたと考える。今後,臨床現場を想定した演習には,学生の習得方法を継続的に検討することが重要である。

Journal

  • Yamanashi nursing journal

    Yamanashi nursing journal 12(1), 29-34, 2013

    University of Yamanashi

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009760056
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1180065X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1347-7714
  • NDL Article ID
    024959315
  • NDL Call No.
    Z74-D303
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top