キリスト教神学における歴史認識 -ラインホールド・ニーバーによる歴史の終わりの捉え方- Views on History in Christian Theology -Reinhold Niebuhr's Perspective about the End of History-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本論は,ラインホールド・ニーバーが彼の著作『人間の本性と運命』の中で歴史の終わりをどのように解釈しているかを詳述したものである.ニーバーの解釈を通じて,キリスト者にとっては歴史がどのように捉えられるのかを明らかにすることを狙いとしている.ニーバーは,歴史の終わりを終末と目標という視点で捉え,終末の時点で目標を達しているか,つまり,歴史が達成されていることとはどういう事かを論じる.ニーバーによると,人間は精神的に自由であり,理知的であるために,歴史を成就できると考えがちであるが,実際には成就できない.人間のそうした未完成の部分を神の力で完成させ,人間の罪を神の審判により浄化することにより歴史は成就されることになる.ニーバーの結論は,人間の運命についての知恵は,人間が自分の知識や力の限界を謙虚に認識できるかに依存しているということである

This paper deals with Reinhold Niebuhr's description about the end of history in his famous book, The Nature and Destiny of Man. The aim of this paper is to make it easy for non-Christian people to understand Christian view on the end of history through Niebuhr's interpretation of it. Niebuhr describes the end of history from the two perspectives; namely finis, or end, and telos, or purpose. He shows how the purpose of history is fulfilled at its end. According to him, man has the self-transcendent character and has almost enough intellect to fulfill the meaning of history, but man cannot fulfill it in reality. To fulfill the meaning of history man needs not only the divine completion of his incompleteness but also a purging of his guilt by divine judgment and mercy. Niebuhr concludes that man's wisdom to fulfill the meaning of history is dependent upon a humble recognition of the limits of his knowledge and power.

収録刊行物

  • 名古屋文理大学紀要

    名古屋文理大学紀要 14, 49-58, 2014-03-31

    名古屋文理大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009760174
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11562518
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13461982
  • NDL 記事登録ID
    025460212
  • NDL 請求記号
    Z71-E987
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ