漢字を専門とする留学生の「漢字学習」に関する意識(第26回研究会,1.研究発表)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本語教育における漢字を専門とする留学生を対象とし、漢字学習に関してどのような意識(感情)を持っているのかについて、PAC分析を用いて調査を行った。本稿は調査協力者2名の事例研究であるが、漢字指導への示唆を得ようとするものである。調査の結果、留学生の意識として(1)丸暗記ではなく文脈の中で学びたい(2)使い方・使い分けを学びたい(3)学習のゴールを知りたい(4)学習方法を知りたい(5)好きな学習方法で学びたい、の5点があげられた。

収録刊行物

  • JSL漢字学習研究会誌

    JSL漢字学習研究会誌 2(0), 38-45, 2010

    JSL漢字学習研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009767867
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    18837964
  • NDL 記事登録ID
    11176286
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-X536
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ