回答時間を利用した電子暗記カードシステムの開発 : 漢字の読みに関するオンラインテストの回答時間から分かること(第27回研究会,1.研究発表)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

eラーニングと共にオンラインテストが普及し、「紙と鉛筆」のテストでは難しかった回答時間を取得する環境が整ってきた。eラーニングソフトウェアMoodleのオンラインテスト機能を基盤にして開発した、自己学習ツールであり、なおかつ教師がそれをモニタできる「暗記カード」に回答時間を測定する機能を付加して、漢字の読みに関する回答時間を測定したところ、理解が進むにつれ回答時間が半減することが分かった。

収録刊行物

  • JSL漢字学習研究会誌

    JSL漢字学習研究会誌 2(0), 46-49, 2010

    JSL漢字学習研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009767868
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    18837964
  • NDL 記事登録ID
    11176320
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-X536
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ