EPAインドネシア看護師候補生に対する国家試験対策授業の漢字指導 : 非漢字圏学習者の用いたストラテジーを生かして(第30回研究会,1.研究発表)

この論文にアクセスする

著者

抄録

本稿はEPA(経済連携協定)により看護師候補生(以下、「候補生」と省略)として日本の病院で働きながら、看護師国家試験合格を目指しているインドネシア人に対する授業の現場報告である。国家試験は日本人受験生と同じ試験のため、日本語の習得、とりわけ漢字が大きな障壁であるとマスコミでも取り上げられ、世論の関心も高い。専門用語の漢字は一般の日本人にとっても難解であるため、候補生がどのように漢字習得を進めているかを報告する。

収録刊行物

  • JSL漢字学習研究会誌

    JSL漢字学習研究会誌 3(0), 34-42, 2011

    JSL漢字学習研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009767876
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ