パワーポイントを用いた初級漢字導入の実践と可能性(第33回研究会,2.研究発表)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者が勤務していた米国の小規模大学は,漢字指導,漢字学習に充てられる時間が十分に確保しにくい環境下にあった。そこで,短時間で効果的に漢字を導入し,自律的な漢字学習にも利用できるよう,パワーポイントを用いて教材を開発した。本稿では主に,1)教材開発の目的,2)教育実践,3)学習者アンケートの結果について報告する。そして,これらを踏まえパワーポイント教材の効果と利用の可能性について考察する。

収録刊行物

  • JSL漢字学習研究会誌

    JSL漢字学習研究会誌 4(0), 37-43, 2012

    JSL漢字学習研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009767889
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1883-7964
  • NDL 記事登録ID
    023653724
  • NDL 請求記号
    Z71-X536
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ