中日同形語の語義相違の要因(第35回研究会,2.研究発表)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中日同形語の語義相違の要因はいろいろあるが,根本的な要因は「環境」と「漢字の意味の多様性」と「漢字の造語力」にあると思われる。環境的な要因として,「自然環境や人文環境の違い」「政治制度の違い」「言語政策」「科学技術の発展」「外来文化の影響」などが挙げられる。言語間の翻訳や借用のとき,意味用法が固定されやすいが,同形語の意味の特化は日本語の表記の多様性にも関係していると思われる。

収録刊行物

  • JSL漢字学習研究会誌

    JSL漢字学習研究会誌 4(0), 66-75, 2012

    JSL漢字学習研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009767893
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1883-7964
  • NDL 記事登録ID
    023653795
  • NDL 請求記号
    Z71-X536
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ