ストレス環境下における自律神経系応答モデルの検討 (MEとバイオサイバネティックス) A Study of the Autonomic Nervous System Response under Stress Conditions

この論文をさがす

著者

抄録

ストレス映像視聴下において,乗り物酔いに似た症状である映像酔いと呼ばれる症状がある.映像酔いの評価方法には,アンケートなどを用いた主観的評価と自律神経系活動の変化に着目した客観的評価がある.ここで,主観的評価を短時間スケールの客観的評価で裏付けることができれば,客観的評価の基となる生体信号でより正確な映像酔いの予測が期待できる.そこで,生体信号計測で推定した評価値を説明変数とし,主観的な映像酔いを目的変数とする重回帰モデルで映像酔いの予測を試みた.その結果,映像酔いを発症する被験者においては,時々刻々と変化する不快感の強さを循環器系の指標で特定できる可能性を示した.

Under stressful image, a symptom called Visually Induced Motion Sickness (VIMS) like the motion sickness is a concern. In the evaluation of VIMS, there are objective evaluation that focuses on changes in the autonomic nervous system activity and subjective evaluation with a questionnaire. With a short-time-scale objective indices based subjective evaluation, more accurate prediction of VIMS could be expected. In this study, we estimate the subjective VIMS by measuring the objective biological signals, performing a multiple regression model. The result showed that in the subjects under VIMS the cardiovascular-related indices have a potential for identifying the time-varying behavior of discomfort level rather explicitly.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(61), 49-53, 2013-05-24

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009768728
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024583837
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ