発達障害者のコミュニケーションにおけるリズム調整 (ヒューマン情報処理)  [in Japanese] Rhythm coordination of autism spectrum disorder in non-verbal communication  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 川崎 真弘 Kawasaki Masahiro
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科知能機能システム専攻:理化学研究所BSI-トヨタ連携センター脳イズム情報処理連携ユニット:理化学研究所脳科学総合研究センター脳信号処理研究チーム Department of Intelligent Interaction Technology, Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba:Rhythm-based Brain Information Processing Unit, RIKEN BSI-TOYOTA Collaboration Center:Laboratory for Advanced Brain Signal Processing, RIKEN Brain Science Institute
    • 北城 圭一 Kitajo Keiichi
    • 理化学研究所BSI-トヨタ連携センター脳イズム情報処理連携ユニット:理化学研究所脳科学総合研究センター脳信号処理研究チーム:科学技術振興機能(JST)さきがけ Rhythm-based Brain Information Processing Unit, RIKEN BSI-TOYOTA Collaboration Center:Laboratory for Advanced Brain Signal Processing, RIKEN Brain Science Institute:PRESTO, Japan Science and Technology Agency(JST)
    • 山口 陽子 Yamaguchi Yoko
    • 理化学研究所脳科学総合研究センター神経情報基盤センター Neuroinformatics Japan Center, RIKEN Brain Science Institute Brain Science Institute

Abstract

発達障害者は他者との協調動作が苦手であるが、コミュニケーションで見られる行動リズムの同期は健常者と異なるのかは不明である。そこで本研究では、2者の交互タッピング課題を用いて、発達障害者と健常者の違いをパフォーマンスと脳波から比較した。課題ではタッピングの間隔に注目し、被験者が人間もしくはPCの一定リズムまたは変動するリズムと協調することを目的とした。行動結果より、発達障害者は一定リズムに対する同調は健常者と変わらないが、急にリズムを変更される場合や相手が人間の場合では同調が困難であった。脳波結果より、タッピング前後で変化する運動野のα波(10Hz)の振幅は一定のリズムに対しては両群で差がないものの、変動リズムでは健常群で顕著に観測された。以上の結果より、発達障害者はコミュニケーションの中での急な変更へのリズム調整が苦手である可能性が示唆された。

Little study has approached behavioral coordination of other's rhythms in autisms. Here, we compared the behavioral and EEG synchronization between healthy subjects and autisms by using an alternately tapping task which required subjects to synchronize the tapping intervals. Behavioral results showed the difficulties in coordination of human rhythm and variable rhythm of PC in autisms, whereas there were no differences in coordination of constant rhythm of PC between two groups. EEG results showed that the alpha rhythms (10Hz) on the central electrodes were modulated around the tapping onset. The modulations were different between two groups in coordination of human rhythm and variable rhythm of PC. The results suggested that the autisms might have difficulty in coordinating the sudden changes of other's rhythms in communication.

Journal

  • Technical report of IEICE. HIP

    Technical report of IEICE. HIP 113(73), 201-205, 2013-05-30

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009769127
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10487237
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    024577708
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top