XORを用いる秘密分散法の多値化とそれを用いた秘匿計算法  [in Japanese] Multivalue-converting of 2 value series in Secret Sharing Scheme using XOR, and Secure Function Evaluation which uses it  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年,ビッグデータという言葉が話題になっている.ビッグデータの活用が進展していくためには,プライバシーや秘密情報の取り扱いが大きな課題となる.その為,プライバシーや秘密情報を秘匿しながらデータの分析や解析を行う秘匿演算の一手法として秘密分散法が注目されている.高速手法として栗原等が提案した XOR を用いた (k,n) 秘密分散が知られているが、この手法は秘密情報を数値ではなくビット列として扱うため、秘匿演算ができない。今回、この XOR を用いた (k,n) 閾値秘密分散法を拡張し,秘密情報をビット列ではなく,多値の数値として扱う (k,n) 閾値秘密分散法を提案する.これにより、Shamir の秘密分散法に比べ処理の高速性を維持しつつ秘密情報を数値として扱い、秘匿演算を実現することができる.

Recently, secret sharing scheme has attracted attention as a technique for analyzing and analyze data while concealing the confidential information and privacy. This time, to extend the Kurihara scheme is a (k,n) threshold secret sharing scheme-fast using XOR, rather than a bit string secret information, we propose a (k,n) threshold secret sharing scheme to treat as a number of multivalued. It is thereby possible, is treated as numeric secret information while maintaining the high speed of the process compared to the secret sharing scheme Shamir, realizing the concealment operation.

Journal

  • IPSJ SIG Technical Reports

    IPSJ SIG Technical Reports 2014-IOT-25(2), 1-6, 2014-05-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009772682
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12326962
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    09196072
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top