ネットワーク制御とサービス制御を一元化したサービスプラットフォームの複数OpenFlowドメインを用いたプロトタイプ実装 (情報通信マネジメント)  [in Japanese] A Feasibility Evaluation of Service Platform Uniting Network Control  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

従来のネットワークサービスでは,ネットワークはユーザから隠蔽され, 固定的なサービスが固定的な経路で提供されている.また,ネットワークの回線速度はますます向上しているものの,その安定したQoS保証は実現していない.そこで筆者らは,ネットワーク制御機能をQoS保証が可能な範囲でコンポーネント化し,それらを同じくコンポーネント化されたサービスの制御機構と一元化することで,ネットワーク/CPUの両方の資源状況を考慮した,より柔軟なサービス提供を実現するプラットフォームを提案している.本稿では,そのコンポーネント化したネットワーク制御機能を複数のOpenFlowドメインとしてプロトタイプ実装を行い,その動作を検証した.

In conventional network services, networks are hidden from users and stereotypical services are provided via fixed routes. Although network bandwidth becomes wider and wider, stable commutation quality cannot be guaranteed. Therefore, we propose a new platform which unites with service control and network control by componentization of services and networks. The proposed platform considers both computing resources and network resources uniformly and achieves flexible service provisioning. In this paper, we implement a prototype system of the platform using OpenFlow technology and confirm its feasibility by some experiments.

Journal

  • IEICE technical report. Information and communication management

    IEICE technical report. Information and communication management 113(124), 5-10, 2013-07-11

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009777908
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12325711
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    024744426
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top