Ryry : 弾き飛ばし・弾き直しを含む演奏に追従する音響信号による自動伴奏システム (福祉情報工学) Ryry : an audio-based automatic musical accompaniment playback system capable of real performances with errors, repeats and jumps

この論文をさがす

著者

    • 酒向 慎司 SAKO Shinji
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 山本 龍一 YAMAMOTO Ryuichi
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 北村 正 KITAMURA Tadashi
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology

抄録

本研究では、人間の演奏に自動的に追従する音響入力版の自動伴奏システムを提案する。人間の演奏にはある楽譜に沿った演奏であっても、テンポの揺らぎ、演奏誤りなどの不確実性が含まれるが、人はそのような演奏を聴き、相手に合わせて演奏を行うことができる。本研究では、予期しない演奏に対しても人間のようにうまく追従する働きを機械で実現することを目的としている。これを実現するためには、計算機によって奏者が楽譜上のどの位置を演奏しているのかを瞬時に認識するとともに、次の演奏位置を予測する楽譜追跡の技術が重要となる。本研究では、テンポの揺らぎ、演奏誤りなどを含む人の演奏を確率モデルとして記述し、一定の遅延の元で演奏位置を精度よく追跡し、予測テンポに基づいて演奏位置を推定する遅延決定アルゴリズムを提案する。これにより演奏の不確実性に頑健なリアルタイム楽譜追跡を実現し、多声楽器に対応可能な音響入力自動伴奏システムを実装した。

A concert is a live performance which consists of some performers. In a concert, each human performer can play the musical performance correspond to the other one, even if the performance includes uncertainty such as tempo fluctuation and mistakes. In this paper, we propose an automatic accompaniment system as an attempt to realize human-computer concerts, which follows the human performance and play the accompaniment correspond to the performance automatically. The capability of following a human performance is a problem to recognize and anticipate the score position in real-time by computer. It is called score following in the literature. In our study, we present a robust on-line algorithm for real-time audio-to-score alignment based on a delayed decision and anticipation framework by modeling human performances which include uncertainty such as tempo fluctuation and mistakes and developed an automatic accompaniment system which is capable of polyphonic music signal.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(77), 65-70, 2013-06-13

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009778838
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024679459
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ