デジタル知識社会の生涯教育と学習情報提供の課題(<特集>デジタル時代の教育メディア理論と実践) Issues with Lifelong Education and Educational Materials in Digital Society

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

デジタル時代の生涯学習においては、社会教育分野の情報提供が重要な課題である。生涯教育における学習情報提供の鍵は、デジタル社会の課題である著作権などの知的所有権などの法的教育とともに、いかに創造的で質的に高い教材開発を可能にするか、その基盤整備の方法にある。筆者が千葉県生涯学習情報提供システム調査研究委員会委員長として、千葉県の生涯学習における学習情報提供に関わった経験から、デジタル時代の知的所有権問題と教育資源の課題について報告したい。

"Knowledge Society" as explained by Daniel Bell's sociological analysis is a social form whereby intellectual resources of knowledge have economic values following post-industrial development. In lifelong education, the Information Library in which adult students can search freely through the internet anywhere or any time is required. There is a complication with intellectual property rights, such as copyrights which can result in an alienation factor. This paper proposes the necessity for copyrights revision based on the example of the image library in the on-line Adult Information Educational Lecture which is part of Information Network and Kawaguchi NHK Broadcasting Archives.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 10(2), 1-6, 2004

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009780502
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    023439607
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ