優れた教材作品の教育メディア研究への意義 : 古典はつねに新しいということについて(<特集>デジタル時代の教育メディア理論と実践) Significance of quality materials for educational media study : On the notion that classic is always new

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

伝統的な視聴覚教育の「よさ」の重要な部分は、映像を中心要素とするすぐれた教材の利用にあろう。その事態は、教育メディアの利用と言い換えても、そう大きくは変わらない。そこで、これまで「古典」と呼ばれてもよい価値が長く続く視聴覚教材(教育メディア作品)を3つとりあげ、その特徴を吟味することによって、視聴覚教育の理論や実証的研究にとってのそれらの意義を考える。

An important aspect of the merit of traditional audiovisual education is the use of quality instructional materials that utilize visual messages and stories as a main component of the material. This situation does not change a lot even if we would use the term educational media instead of audiovisual materials. The purpose of this paper is to examine the characteristics of three audiovisual materials or instructional media that can be said are 'classic' works and have long lasting value, and to consider the significance of these characteristics for the theory and research of audiovisual education and educational media. The author concluded that we would need to emphasize the aspect of 'art' in our future research.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 10(2), 23-29, 2004

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009780505
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    023439699
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ