異文化理解教育におけるデジタルメディア活用の実践研究(<特集>デジタル時代の教育メディア理論と実践)  [in Japanese] Intercultural Education Using Digital Media : Action Research on Inter-Classroom Practice  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

異文化理解教育において、インターネットなどのデジタルメディアを活用する可能性が広がってきた。例えば、インターネットを活用することで、費用をかけずに海外の人とコミュニケーションできるうえ、デジタルカメラやビデオを利用すれば、視聴覚に訴える情報も伝達することができる。しかし、メディアを使えばいつでもうまくいくわけではなく、交流を支援するコーディネーターの役割の重要性が指摘されている。本研究では、海外と文通交流の経験をもつ小学校に対して、青年海外協力隊員の支援とデジタルメディアを活用した海外の学校との交流モデルを提案し、その実践を評価した。その結果、郵便のみによる異文化理解教育の問題点を改善することができ、さらに新しい効果が生まれたことが確認できた。

The possibility of using digital media is expanding as communication tools in intercultural education. For instance, the Internet makes it possible for us to communicate easily with people overseas without spending so much. Digital cameras and video cameras also make it possible for us to communicate with others visually. Digital media, however, cannot make everything possible. Advanced research indicates the importance of a coordinator for exchange programs between different cultures. In this paper, the authors propose a new exchange model by using digital media supported by an overseas volunteer as a coordinator. As a result, the authors confirm the improvement of exchange practice in promoting intercultural education.

Journal

  • Japnese Journal of Educational Media Research

    Japnese Journal of Educational Media Research 10(2), 31-37, 2004

    Japan Association for Educational Media Study

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009780506
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11144471
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL Article ID
    023439734
  • NDL Call No.
    Z7-B545
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top