高等教育におけるCALL実践の特徴(<特集>デジタル時代の教育メディア理論と実践)  [in Japanese] The Character of CALL in Higher Education  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では、近年増加してきている高等教育におけるCALL実践の特徴に注目して分類、概観した上で、CALLの今後の展望について考察した。まず、CALL実践を環境提供型、個別学習型、交流型、融合型の4種類に分類し、それぞれの特徴や問題点について述べた。また、2ヶ国語の比較に注目したティームティーチングによる「マルチリンガルCALL授業」を紹介した。今後の展望として、(1) 4分類の実践それぞれに特徴があり、教育目的に応じて語学教育のカリキュラムの中にどのように位置づけていけばいいのか、を考慮する必要がある(2) 言語や文化などの比較を通した多様な視点の提供といった指導を行う際にメディアは非常に親和性が高く、有効に働くと考えられる(3) CALLを効果的に行うためには、優れた教材が必要となるため、教材作成のスタッフを確保し、体系化していくことが必須となる、ということを示した。

In this paper, we classified and surveyed CALL in higher education, and considered advantages regarding the future prospect of CALL. We classified CALL into four styles: the provision of environment type, the independent study type, the interchange type, and the blended type. We reported the merits and demerits of each type. We introduced "Multilingual CALL", which enabled the comparison of two languages. We showed the following as the future prospects. Each of the 4 types has its own characteristic, and we need to consider how we position CALL within the curriculum of language teaching corresponding to the educational purpose. Media has a high affinity and good effect when used in a lecture in which teachers teach language or cultural comparisons.

Journal

  • Japnese Journal of Educational Media Research

    Japnese Journal of Educational Media Research 10(2), 47-52, 2004

    Japan Association for Educational Media Study

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009780508
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11144471
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL Article ID
    023439892
  • NDL Call No.
    Z7-B545
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top