教育コンテンツ向けメタデータ標準規格とその連携  [in Japanese] Metadata Standards and the Co-Operation for Educational Resources  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、教育用デジタルコンテンツ環境の整備が進んでおり、動画・静止画など質の高いコンテンツが数多く開発されている。一方で、教育現場において教師が授業で使用する際に、使いたいというコンテンツが不足していることが指摘されている。つまり開発したコンテンツの検索・再利用を容易にすることである。そこでコンテンツに対してメタデータを利用し、検索・再利用を容易にすることが考えられる。しかし適当にメタデータを付与したのでは、様々なコンテンツを統一的に検索することが難しくなる。そのためメタデータを標準化することが必要であり重要である。本稿では、現在標準化が進行中であるメタデータの中でも、学習・教育に関する、あるいは学習・教育に利用可能と思われる規格を検討・整理し、あわせて各規格を利用したインターネット上の検索サイトを紹介し、そしてそれぞれのメタデータ規格を連携させることの重要性を指摘する。

In recent years, there are lots of educational digital materials. But teachers often find there is a lack of useful and appropriate content when they want to use materials in a classroom. They want more educational contents to be able to circulate them. Educators should retrieve with a standardized metadata for seamless retrieval. So materials must be standardized. This study introduces Metadata Standards for educational resources (Dublin Core, LOM, SC36, and MPEG-7) Web sites with them, and the importance of co-operation between them.

Journal

  • Japnese Journal of Educational Media Research

    Japnese Journal of Educational Media Research 10(2), 63-72, 2004

    Japan Association for Educational Media Study

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009780510
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11144471
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL Article ID
    023439932
  • NDL Call No.
    Z7-B545
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top