教育におけるメディアリテラシーのとらえなおし : メディアとのインターフェイスをデザインする能力として(<特集>メディア・リテラシー教育の現状と課題) Redefinition of Media Literacy in Education : An Ability of Designing the Interface between Media and Oneself(<Special Issue>Media Literacy Education-Perspectives)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

使われる分野や文脈によってさまざまな意味を付与されているメディアリテラシーには,大衆文化と高尚文化の対立図式の中で,情報によってもたらされる人間の思考や態度,価値など内面的な側面と,外在的な情報を内面化する能力としての側面が存在する。それらを,道具的技能,相互作用的リテラシー,批判的リテラシーの3つの層と,メディア使用能力,メディア受容能力,メディア表現能力の3つの能力によって整理し,それぞれに学習者の主体的なメディアとのかかわりを想定した。これによって,それらを主体的に運用する能力すなわち,自分自身とメディアとのインターフェイスをデザインする能力として新しくメディアリテラシーが再定義できた。

The definition of "media literacy" depends on the area and the context in which the word is used. A typical definition of the word focuses on one's "human internal side like thought, attitude and value" which is reflected by external information. The other definition stresses the ability of internalization of the information around oneself. This complexity was organized by three interface layers; instrumental ability, interactive literacy and critical literacy, and three abilities; ability of media utilization, ability of media acceptance and ability of media expression, into a crossing table. Learner's involvement to each cell of the table was assumed and the assumptions newly defined "media literacy" as a positive ability of designing interface between media and oneself.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 11(2), 1-9, 2005

    日本教育メディア学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009780540
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    7966007
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ