メディア・リテラシー教育による市民社会の活性化(<特集>メディア・リテラシー教育の現状と課題) Revitalization of Civil Society by Media Education(<Special Issue>Media Literacy Education-Perspectives)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,市民社会の活性化を目的とするメディア・リテラシー教育の理想と照らし合わせて,我が国の学校教育現場でのメディア・リテラシー教育の現状を検討し,今後のメディア・リテラシー教育に必要な視点と,その可能性を考えていくものである。メディア・リテラシーとは,まず第一にさまざまなメディアの伝える情報を批判的に読み解き,必要な情報を取捨選択し,真偽を見抜いて活用する能力をさすものである。そしてメディア・リテラシー教育の最も重要な目標として再確認すべきものに市民エンパワーメントがある。市民のエンパワーメントをメディア・リテラシー教育の目的に据えるのであれば,ネットワーク利用時のセキュリティやプライバシーの問題,不安を高める情報の処理・解釈方法,デジタル・メディアの著作権や知的所有権などに加え,メディアの寡占化等の問題性などをも含めた教育が必要である。

This paper examines the current state of media literacy education in Japan and re-evaluates the objectives that need to be addressed in media education. This paper also evaluates the possibilities for revitalization of Japanese civil society through media education. A prime objective of media education is to foster a critical "eye" about the media and through that, facilitate empowerment of citizens. Empowerment of citizens through media education is one path for revitalization of Japanese civil society. If empowerment of citizens is to be viewed as the final goal of media education, the following issues need to be additionally addressed as well in Japan: education on Net security and Net privacy issues, the interpretation of shocking images found on the Internet and digital copyrights. Media concentration is also an important issue to be understood through media education.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 11(2), 11-16, 2005

    日本教育メディア学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009780541
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    7966024
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ