ドイツにおけるメディア・リテラシー教育の枠組みに関する予備的研究 : メディア・コンピテンツ概念の分析を中心に(<特集>メディア・リテラシー教育の現状と課題) A Preliminary Research on the Concept Frame of Media Competency in Germany. : A Focus on Concept of "Medienkompetenz"(<Special Issue>Media Literacy Education-Perspectives)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ドイツにおけるメディア教育学は,メディアを使った社会的コミュニケーションを分析し,子ども・青年,成人に,現代社会の中でのメディアコミュニケーション能力を育成しようと取り組んでいる。そこで,現在,注目されているのが,メディア・コンピテンツである。この概念は,ドイツのメディア教育学で多様に定義され,論じられている。本論では,この概念の分析を通して,メディア・コンピテンツの枠組みを明らかにし,日本のメディア・リテラシーの捉え方をさらに検討していく示唆を得ることを目指している。

The media pedagogy in Germany analyzes the social communication that uses media. It tries to promote the competency of media communications in the contemporary society to the child, the young person, and the adult. The media pedagogy in Germany pays attention to Media Competency as key concept now. This concept is variously defined by the media pedagogies of Germany. In this paper, the concept frame of media Competency is clarified through the analysis of various definitions. This paper aims to identify another concept that develops the media literacy education in Japan more and more.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 11(2), 17-22, 2005

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009780542
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    7966039
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ