高等学校「情報」教員養成におけるメディア・リテラシー教育の可能性(<特集>メディア・リテラシー教育の現状と課題) An Instruction of Media Literacy for Pre-Service Teacher Training : "Information Study", General Course Subject at High School(<Special Issue>Media Literacy Education-Perspectives)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,高等学校教科「情報」の教員養成学生が,普通教科「情報」の授業において,メディア・リテラシー(ML)教授を行う可能性について明らかにしたものである。質問紙調査を用い,25名の学生にMLと情報リテラシー(IL)とコンピュータ・リテラシー(CL)について,イメージ,認知度,リテラシーの区別,教授重要度を比較した。結果は,MLはILとCLに比べて複雑であるとイメージし,認知度も少なかった。MLの内容はILの内容と混同されていた。さらに,教授重要度はILが高く,MLとCLには差がなかった。「情報」の授業で,MLを直接教えることは,本研究の結果と教員養成のシステムとカリキュラムから考えると難しく,同様にCLも重視しては教えられないことが明らかになった。しかしIL教授の過程で,MLを教える可能性について議論された。

This study investigated pre-service teacher training college students' attitudes towards Media Literacy (ML) teaching "Information Study", general course subject at high school. Twenty-five students answered a questionnaire that consisted of an image, knowledge, and the conscious of importance of teaching ML, Information Literacy (IL), and Computer Literacy (CL). The result indicated that they had more complex images and less knowledge regarding ML than other literacy. They mistook IL for ML. They were conscious of the importance of IL teaching and less conscious regarding the importance of CL.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 11(2), 23-30, 2005

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009780543
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    7966047
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ