メディアリテラシーを学ぶ学生の学習過程からみたメディアに対する概念の変容 : 電子掲示板の質的な分析から(<特集>メディア・リテラシー教育の現状と課題)  [in Japanese] Analysis of Learning Process on Media Literacy : Qualitative Research on Bulletin Board System(<Special Issue>Media Literacy Education-Perspectives)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

メディアリテラシーの育成に関する研究を概観すると,育成の基準を技能の達成度や知識の理解度に関して尺度を設けて評価するという学習結果に注目したものが多い。しかし,メディアに対する意識や態度の変容など学習者の認知や情意行動面に関するメディアリテラシーの育成を評価するには,学習者の学習過程を継続的に見ることによって,どのようなメディアリテラシーが育成されたのかを調べる必要がある。そこで本研究では,メディア制作を学ぶ学生がメディアリテラシーを獲得する過程に注目し,学生が投稿した電子掲示板の意見を質的に分析することで,メディアに対する意識や態度がどのように変容して行くかを明らかにする。

Reviewing the research for nurturing Media-Literacy, researchers tend to pay attention to learning outcome. It is, however, necessary to focus on the learning process in order to understand how students develop the concept and attitude toward media. In this paper, the authors focus on the process of nurturing media literacy and making it clear the development process of concept and attitude on media by qualitative methods.

Journal

  • Japnese Journal of Educational Media Research

    Japnese Journal of Educational Media Research 11(2), 57-65, 2005

    Japan Association for Educational Media Study

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009780547
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11144471
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL Article ID
    7966116
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-B545
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top