情報教育と国語教育の類似性 : 形から入る学習文化の課題(<特集>メディア・リテラシー教育の現状と課題) Similarities between Information Education and Japanese Education : An Issue in a Formalistic Learning Culture Approach(<Special Issue>Media Literacy Education-Perspectives)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

漢語という言語メディアを手にして以来,日本ではメッセージの科学的分析よりも身体で覚えるメディア習得が優先されてきた。和語と漢語の共存が続いた江戸時代までは多様な文字と音が混在していたが,明治の近代化により国家政策として日本語の体系化が進められた。その結果,現代日本語という言語メディアが確立した。この間,国語教育では形から入る学習文化が継承された。一方,通信メディアを扱う情報教育は国語教育の足跡をたどっているかに見える。ちょうど「形」と「実」の有機的な結合が成立しない国語教育のように,情報教育においてはメディアとメッセージの有機的な結合は実現していない。形から入る学習文化の課題は,人間のコミュニケーション活動に含まれる複合的な能力を包括するパラダイムの構築である。

Since Japan acquired Chinese characters, mastering language skills in a formalistic approach has been prioritized over a scientific analysis of messages. Although until the Edo period where Japanese and Chinese languages coexisted, various letters and sounds were intermingled, the nation promoted the systematization of the Japanese language during modernization in the Meiji period. As a result, contemporary Japanese has been established, and a formalistic learning culture approach was inherited during this period. On the other hand, information education which works with communication media seems to be following the track of Japanese education. Just as Japanese education which stays incapable of uniting "form" and "substance" systematically, information education is having difficulties in combining media and messages organically. The issue in a formalistic learning culture approach is the construction of new paradigms for the complex and plural capacity included in the human activity called communication.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 11(2), 67-72, 2005

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009780548
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    7966141
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ