地域理解のためのメディア・リテラシー実践 : 異文化交流とオルタナティブなコミュニケーション回路構築(<特集>メディア・リテラシー教育の現状と課題) Media Literacy Project for Inter Local and Alternative Communication(<Special Issue>Media Literacy Education-Perspectives)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者たちは,異なる地域の参加者間で,異文化理解とメディア・リテラシーを交差させた学習カリキュラム「アジアの不思議:ローカル版」の実践研究を行ってきた。その内容は, (1)各地域の地域文化に関するイメージマップを作成し相互に交換する, (2)各地域で自文化に関するクイズ形式の映像を制作する, (3)地域間で制作した映像を交換し電子メディアを介して交流を行う,という3つの段階からなる。これらの一連のカリキュラムを通じて参加者たちは,他地域の人に自文化について伝えるという明確な目的のもと,実際に映像制作を体験することで映像メディアに関するリテラシーを身につけていく。同時に,地域イメージの形成におけるマスメディアの影響力の大きさと限界とを認識し,それと対抗するコミュニケーション回路の意義と可能性について理解していく。

"Mysteries in Asia" is an educational curriculum of cross-cultural communication and media literacy for students from different regions. The curriculum is composed of three stages. That is, (1) making and exchanging "image maps" on their partner's local culture, (2) producing quiz videos about their own local culture in each region, and (3) exchanging those videos as well as answers and opinions on them through the Internet and other electric media. In its Japanese local version, university students are expected to acquire media literacy through actual video production representing their own local culture, which will be transferred to people living in other region. At the same time, they are expected to note necessity and possibility of alternative communication network by realizing the influence as well as limitation of mass media that impose us certain and sometimes problematic local images.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 11(2), 73-79, 2005

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009780549
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    7966155
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ