中国におけるメディア教育の概要 Outline of Chinese Media Education

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中国において人材学を提唱する雷禎孝氏は,人材教育の観点から世界の優れた教育映画を組織的に学校教育に導入することを企図し政府に提案した。中国文部省は教育部の直轄機関である中央電化教育館の実践研究課題の中に映画教育を位置づけ,1995年から全国の実験研究校を中心に映画教育を展開している。筆者は,2004年4月映画教育の提唱者であり推進者でもある雷禎孝氏を中心とする訪日視察団との交流を契機に,中国映画教育全国大会への招待を受けるなどして,中国の映画教育についての情報を得る機会を得た。全国大会では幼稚園・小学校・中学校の独自性のある多様な実践が報告され,先進的な研究校ではコンピュータの活用も進めており,映画視聴をもとにメディア・リテラシーの方向を模索していることが伺われた。本稿はこれらの機会に知り得た中国映画教育の状況を紹介するものである。

In China Mr. Rai proposed using films for teaching purposes he drew up a systematic syllabus based on for quality films from around the world to improve the ability of the students. His proposal was accepted by the Media Education Center under the auspices of the Chinese Ministry of Education. The program commenced in 1995. The number of schools adopting the film program had been increasing all over China. At the 2004 conference, a number of very good practical examples were demonstrated. Some were closely related to media literacy teaching. This report concerns information regarding Chinese media education including the use of films, which I obtained through my working relationship with Mr. Rai.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 11(2), 81-88, 2005

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009780550
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    7966169
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ