学校外の子どものメディア利用を授業へ組織化する方法に関する研究 A research on methodology about integrating adolescent : Media interaction out of school into classroom lesson

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,学校外の子どものメディア利用経験を授業に組み込んでいく方法論を検討するものである。大人によって,その必要性や保護といった視点から取り上げられる題材,作られた教材を活用した取り組みが整いつつある。しかし「知識・理解」を「行為・行動」へより結び付けていくためには,子ども自らが獲得していこうとする意欲を導く題材,子どもに納得を導く教材を活用したプログラムの工夫が求められる。Learningに加えて, Acquirementにも力点を置く授業設計が求められる。本研究は,学校外の子どものメディア利用経験を授業に組み込んでいく(基礎研究の成果を授業へ媒介する)ために,その前提となる子ども文化理解に迫る教師の教材発掘・教材研究を支援する典型的な方法を探求している。

At the onset of the 21st century, the reality was that most schools had the connectivity to explore teaching and learning in unconventional ways. The spread of Internet access has contributed to unprecedented growth of adolescent -media interaction at school and outside of school. The use of technology outside of schools shows much possibility for providing valuable lessons about innovative learning environments for students and making students reflect on their own interactivity with media in everyday life. Thus, this research aims to explore and review effective methods about integrating adolescent-media interaction outside of school into classroom lessons. As a result, some findings were identified from research on media discourse analysis, game analysis using an activity theory approach, and an analysis of adolescent media communities.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 15(1), 29-40, 2008

    日本教育メディア学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009780633
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13409352
  • NDL 記事登録ID
    10437029
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ