南琉球・多良間島方言の格再考 : ni:格,Nka格を中心に A Reconsideration of Case in Tarama (South-Ryukyuan): Focusing on -ni: and -Nka Forms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

下地(2003)をはじめとするこれまでの先行研究では,多良間島方言の格の形式は,O格,nu格,ga格,ju格,ba格,ni格,tu格,sji:格,kara格,Nka格,Nke:格,gami格の12形式(周辺的な接辞であるjuL,ti:を含めれば14形式)であるとされてきた。だが改めて考察を行ったところ,ni:格という〈道具,手段〉をあらわす新たな格形式をみとめる必要のあることが明らかになった。これは,これまでni格に含められてしまっていた形式である。また-Nkaについても,格として機能するものと「中,内」という語彙的意味を名詞に付加する派生接辞的なものという,2つを区別して捉えなければならないことを明らかにした。

Prior studies, including my previous arguments, have asserted that there are 12 to 14 case forms in the Tarama dialect: -O, -nu, -ga, -ju, -ba, -ni, -tu, -sji:, -kara, -Nka, -Nke:, -gami (-juL, -ti:). However, because of a reconsideration of Tarama case, it is necessary to recognize a new instrumental case form -ni:. Previously, this case form had been included under the case particle ni. I also propose that Tarama has two varieties of the form -Nka: the first being a case particle, and the other a derivational suffix that attaches the lexical meaning "inside" to nouns. With these two points in mind, I use this paper to provide a reanalysis of case in Tarama.

収録刊行物

  • 国立国語研究所論集

    国立国語研究所論集 7, 227-249, 2014-05

    国立国語研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009786552
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12536262
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    2186134X
  • NDL 記事登録ID
    025943617
  • NDL 請求記号
    Z72-D421
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ