グローバル化社会に向けた大学教養教育とは Cultural education in university for globalizing society

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

グローバル化社会に向けた人材育成が大学教育改革の大きな課題になっている。これからの社会がグローバル化していくという社会変動を,単にある国や地域の問題としてではなく地球レベルの問題として捉えることや,これから起こりうる様々な問題について柔軟に対処できる思考力及び行動力の育成も重要な教育改革の柱となり得る。そのために,今回の取組みでは,学生が地域社会人や留学生と議論を通じて,グローバル化に関する課題への気づきをおこさせることを目的とした授業を,大学教養教育に取り入れた。また,学生が海外の大学を訪問して現地の生活を体験することや,地域文化やグローバル化に関するテーマに関して英語で議論するスタディツアーを実施した。グローバル化に関する聞き取り調査では,このような授業に参加している社会人は,地球レベルの視点でグローバル化社会を捉えているのに対して,参加していない学生は国際化とグローバル化の区別がついていない面があり,グローバル化に対する正しい認識を持たせる教育をすることが課題であることがわかった。

収録刊行物

  • 大学教育研究ジャーナル

    大学教育研究ジャーナル 11, 117-124, 2014-03

    徳島大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009799112
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1199130X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-1256
  • NDL 記事登録ID
    025434743
  • NDL 請求記号
    Z71-R151
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ