回復期リハビリテーション病棟に入院する片麻痺患者における注意障害と半側空間失認が日常生活活動の自立に及ぼす影響  [in Japanese] Influence which the attention disorders and the unilateral spatial neglect in hemiplegic patients hospitalized in a convalescence rehabilitation ward have on independence of activities of daily living  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 兵頭 久 Hyodo Hisashi
    • 北原国際病院リハビリテーション科 Department of Rehabilitation,Kitahara International Hospital
    • 加藤 宗規 Kato Munenori
    • 了德寺大学健康科学部理学療法学科 Department of Physical Therapy,Faculty of Health Science,Ryotokuji University

Abstract

本研究の目的は,回復期リハビリテーション病棟に入院中の脳血管障害患者において,注意障害(AD),半側空間無視(USN)が日常生活活動の自立に及ぼす影響について検討することである.対象は脳血管障害による片麻痺を有する377名である.入院時の状況で重複群,AD単独群,USN単独群,重複群に分類して日常生活動作の自立者数を比較した.また,各群におけるADやUSNの改善,不変,出現の別に比較した.結果,ほとんどの日常生活項目において入院時より退院時の自立度が有意に高かった.群間の比較では,重複群とAD単独群・対照群間では全項目で差を認め,また,重複群では,改善群と残存群間で多くの項目に差を認めた.なお,USN単独群はUSNを有する対象の1%であった.これらより,ADやUSNを有していても,退院までに日常生活動作は改善するが,ADとUSNの重複の場合には,自立する項目が少なくなると考えられた.

Journal

  • Journal of Kochi Rehabilitation Institute

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 15(0), 33-38, 2014

    Kochi Rehabilitation Institute

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009803975
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11643653
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1345-5648
  • NDL Article ID
    026056510
  • NDL Call No.
    Z74-B959
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top