都市空間におけるコンテンツとしてのアートとマンガやアニメなどのキャラクターに関する考察  [in Japanese] Public Art and the Characters of Manga and Anime as the Contents of Urban Space  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 八木 健太郎 YAGI Kentaro
    • 西日本工業大学デザイン学部建築学科 Nishinippon Institute of Technology, Faculty of Design, Department of Architecture
    • 竹田 直樹 TAKEDA Naoki
    • 兵庫県立大学大学院緑環境マネジメント研究科 University of Hyogo, Graduate School of Landscape Design and Management

Abstract

これまでのパブリックアートにみられるわが国の都市空間におけるさまざまなアートのあり方と、今日の都市空間において多様な展開を見せているマンガやアニメなどのキャラクターのあり方を包括的に比較し、それぞれの都市空間における役割や存在意義を考察し、明らかにすることが目的である。わが国のパブリックアートは、都市景観の向上を目的として、野外彫刻を中心にスタートした。その後、文化的、教育的な役割に加え、都市の不動産価値の向上や地域の活性化まで、実に多様な役割を担うようになり、その目的は多様化してきた。また、それにともなって都市空間との関係性も、次第に多様になってきている。それに対して、マンガやアニメなどのキャラクターを都市空間に導入される際に期待されている役割は、地域の活性化あるいは集客力のアップという点において共通しており、比較的単純明快である。役割が明快な一方で、都市におけるこうしたキャラクターの存在形態は、集客の核となる施設または巨大な彫像、アプローチを飾り演出する造形物、地域へのアクセスを提供する車両など、複合的なメディア展開をみせている。またその実施主体も、自治体や公共団体、草の根的な市民活動など多様である。都市空間におけるサブカルチャーとしてのマンガやアニメなどのキャラクターは、単に地域の集客力を向上に寄与するという当初の目的を明らかに超えはじめている。サブカルチャーの物語の受容を促すことを通して、地域の歴史や風土・伝統に触れる機会を提供し、ハイカルチャーとしてのパブリックアートと同様に、都市におけるモニュメントとしての特質を獲得している。

This paper discusses the differences between public art works and subculture-inspired art works such as anime and manga that have appeared in urban space. While public art in Japan started as an additional element of the urban landscape to improve urban aesthetics, many other aspects emerged such as providing cultural experience, improving urban real estate values, and revitalizing the downtown. On the contrary, the major purpose of introducing subculture-inspired artworks, such as manga and anime characters in the urban space is clear; to attract more visitors and to revitalize the area. However, subculture-inspired artworks are introduced into many different mediums; gigantic statues or museums for the attractive destinations, small statues and decorations along the street, vehicles and so on. These are all employed to help citizens to understand and sympathize the subculture characters and stories, that leads to the recognition of local identity, which is definitely far beyond the initial purpose. As a result, subculture-inspired art occupies an important position as local monuments, like conventional public artworks.

Journal

  • Environmental Art and Design

    Environmental Art and Design 12(0), 85-90, 2013

    Institute of Environmental Art and Design

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009804385
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2185-4483
  • NDL Article ID
    025325574
  • NDL Call No.
    Z72-C76
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top