福島県内のスギの新梢と雄花における放射能汚染調査 Survey of radioactive contamination of sugi (Cryptomeria japonica D. Don) shoots and male flowers in Fukushima prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

東京電力福島第一原子力発電所事故後の2011年と2012年の秋に福島県内の広域においてスギの新梢と雄花を採取し,そこに含まれる放射性セシウム(^<134>Csと^<137>Cs)濃度を測定した。雄花と新梢の放射能は採取地の空間線量率および放射性セシウム沈着量と強い相関を示した。2011年秋の雄花の放射能は0.1 kBq kg^<-1>以下から260 kBq kg^<-1>の範囲であった。2012年秋における部位別の放射能は,2010年以前に展開していた旧葉で最も高く,2011年に展開した1年葉,雄花,2012年に展開した当年葉の順に低下した。旧葉または根から吸収されていた放射性セシウムが樹体内を転流し,雄花などに存在していたと考えられる。しかし,2012年の雄花における放射性セシウム濃度は前年の40%ほどに低下していた。これまでのところ,スギは事故直後に放射性セシウムをかなり吸収したものの,その後の吸収は少ないと考えられる。

We measured concentrations of radiocesium (^<134>Cs and ^<137>Cs) in shoots and male flowers of sugi (Cryptomeria japonica D. Don), sampled in Fukushima prefecture in 2011 and 2012, after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident. The radioactivities of male flowers and shoots were mainly logarithmic linear to the air dose rates and radiocesium depositions. The measured radioactivities of male flowers ranged between 260 kBq kg^<-1> and < 0.1 kBq kg^<-1> in 2011. In 2012, average radioactivity decreased in the order old needles, one-year-old needles, male flowers, and current-year needles. Some radiocesium was probably absorbed by other organs and translocated within the tree. However, the average radioactivity of male flowers in 2012 was about 40% of the average value for the previous year. Thus, radiocesium absorption by sugi was apparently considerable for a short time after the accident, and subsequent absorption was lower.

収録刊行物

  • 森林立地

    森林立地 55(2), 105-111, 2013

    森林立地墾話会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009804563
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124077
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0388-8673
  • NDL 記事登録ID
    025280843
  • NDL 請求記号
    Z18-493
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ