日英母語話者による英語弱化母音の音響・調音特徴 : X線マイクロビームデータベースに基づく分析  [in Japanese] Acoustic and articulatory characteristics of English reduced vowels uttered by native speakers of English and Japanese : Analysis based on X-ray microbeam speech production database  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

英語弱化母音/〓/の音響・調音特徴の記述と日英母語話者による相違の解明を目的として,英語母音/〓,〓,〓,〓/を対象に定量的分析を行った。分析にはX線マイクロビームデータベースを用い,"X-ray microbeam speech production database"から英語話者16名,その日本語版から日本語話者9名を選出した。各母音は単語発話より抽出し,持続時間,第1・第2フォルマント周波数,舌ペレット位置を計測した。結果を以下にまとめる。1)両母語話者とも/〓/の持続時間は/〓,〓/よりも短い。2)/〓/において,英語母語話者では舌の上下・前後方向に中舌化するが,日本語母語話者では上下方向のみである。3)英語母語話者のみ/〓/が後続子音へ調音同化するが,これは日英の音韻的な母音カテゴリに起因する。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 70(3), 106-113, 2014

    Acoustical Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009805192
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    025325454
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top